Portforio


Portforio


SES学生向けの就活サイト

自ら情報を探すトリガーを作ることで、働くイメージの持てない就活生が働きたいと思えるようなサイトにしました。


Anvie長期インターン

1人

Web Design

1年

Xd


PERSONA

バンド人生を歩んできたSES志望の大学4年生

日々バンドに明け暮れていたが、気づけば周りの人は就活を始めていた。とりあえず説明会などに参加してみるも、自分がどこで働きたいかわからない。

基本属性
名前稲田翔太
性別
年齢21
職業大学4年生
居住地埼玉
行動特性
趣味バンド・スマブラ・古着
休日昼前に起きてギターの練習。その他はSNS。
悩み周りの人が就活を始めて焦りを感じている
性格根は真面目でやればできるタイプ。
行動行動力はあり、一つのことに打ち込むタイプ。

scroll

CJM

scroll

DISCOVERY

POINT1

目的があると行動は早い

POINT2

現在目的がなく負のサイクル中

SOLUTION

目的を作る「トリガー」を作る

能動的に情報を集めるようなきっかけを作る

インパクトで押す

ターゲットは、情報を周到に集めるような硬派ではない そこで、ビジュアルやキャチフレーズでまずイメージを作る

PRODUCT

CONCEPT

立体的な情報構造で目的を見い出す

詳細情報はホバーやアコーディオンで表示し、気になる情報を自分で積み上げます。アクションを起こさせるためにも、前段階の見出しや概要はキャッチーに伝わるようにしました。

何かありそうなコンテンツにし、ホバー後に詳細が表示されます トリガーが必要なのは、さらに詳しく知ってもらいたい情報です。すでに知られているであろう 募集職種や、イメージを掴むために必要な企業理念などは一層構造になっています。

ビジュアル的なイメージの強さと、キャッチフレーズや見出しを目立たせるようにしました。

VALUE

自分の目的を見出せる

視覚的に会社のことがわかる

あとがき

この作品は、AnvieというWeb制作会社で実際にリリースされるサイトです。 売り出されるものを作ったのは初めてだったので、気合いを入れたプロジェクトでした。 しかし、Webデザインを本腰入れてやるのは初めてだったため、課題に取り組み練習を積んだり、デザイナーの方から何回もフィードバックをいただきました。時間はかかりましたが、ここまで持ってこれてよかったと思います。また、Webは実態のないプロダクトのため思索やコンセプトをどう反映すれば良いか悩みました。今回は一つの答えとしてこうしましたが、まだまだ探求する余地がありそうです。

page top